初めに

「人間の美しさを磨くのに 最も大きく貢献するのは、感動体験である」とキュリウスは信じています。
気持ちを揺さぶられる音楽、心を鷲掴みされた本、感情移入して泣いた映画、忘れられない料理の味、目を見張る美しい景色 ...

多様な感動体験の中でも、人とのコミュニケーションの中から生まれる感動は格別で、卒業式やスポーツの応援、ライブ会場など大人数で共有する感動から、仲間や恋人と心が通じ合った瞬間とか出産経験など、よりパーソナルな関係間で共有する感動まで、その時のその場所その瞬間まで誰かと共有できる感動は、一人きりの感動体験よりもさらに心に残るシーンと言えるでしょう。

体験者の全てが、感動体験の筆頭にあげる「究極のG」と「完璧なセックス」ですが、どちらもその体験者数は極々わずかです。
キュリウスのサポートのもとで、自力で「奥逝き連鎖」を達成されたお客さまの言葉を借りると「高速道路の玉突き事故を最前列で体験した衝撃」とか「何度経験しても臨死体験そのもの」とか「人類が共有する意識レベルに踏み込んだ」また「絶対的な幸福感に飲み込まれた」「生命を生み出す存在からの博愛を全身に感じた」等々、生死感や宇宙観に及ぶ「悟り」とか「解脱」とも捉えられる、ケタ外れの感動体験をされた事がわかります。 

面白い事に「最高のセックス」体験を語る男性から「生死感や宇宙観に及ぶ感動体験談」は、聞いた事も読んだ事もありません。
女性の快感は男性の快感と比べて遥かに繊細かつ複雑で奥深いことと、その仕組みの最先端をキュリウスは知り尽くしています。

女性の性に関して、真っ直ぐ一筋20年間、数多くのお客さまと真剣に向き合ってきた経験。パイオニアゆえに得られた絶対的に豊富な真のご意見情報。分析と解析と検証を繰り返してきた飽くなき好奇心。そして何より、お客さまを絶対がっかりさせない自負とこだわりに基づくサービス精神。 キュリウスが持つ全てを、一人一人のお客さまへ惜しみなく傾注し「魂を震わせる快感と感動を自力で得るすべ」をお届けしてきました。

楽器でもスポーツでも、嗜み(たしなみ)を超えるレベルに到達するには、一定の練習量が必要です。
品性や人格を磨く華道や茶道に倣い、同じ道を快感で探求する修練を「奥逝道」=「奥粋」と名付けました。

三ツ星レストラン秘伝のレシピ、目を見張る手品のタネ、手に入れるのが難しいからこその、喜びと価値。
「奥粋」への特急券は、わずか美容院一回分のご予算です。 キュリウスを信じて、一生を左右する感動を手に入れて下さい。

奥逝きとは

クリでイク、Gスポットでイク、膣の浅い所でイク、これら2~3回の連続で限界を感じる「イク」に対して、膣の最深部で気力の尽きるまで体が求め続ける強大なエクスタシーのことを、キュリウスでは「逝く」と表現し「イク」と区別して啓蒙しています

「イク」は、性欲処理が目的で、体や感受性にマイナス影響を及ぼす可能性がある自慰行為 > 罪悪感や自虐感が残る
「逝く」は、ケタ外れの感動とともに生命力を覚醒させる、大人の女の自己探求啓発行動  > 幸福感や充実感が残る

膣の奥=子宮口回りが非常に気持ちイイ事は、昔からベテラン女性なら皆知っていた事ですが、奥で破壊的なエクスタシーに達した経験者が少な過ぎたせいか、奥が目で確認できない場所だからか、女性の快感は世界中で男性主導に語られてきたからか、体験者には2つの違いが歴然と解るのにも関わらず「イク」と「逝く」を区別する言葉は世界中どこにも見当たりませんでした。

また「逝く」の連鎖はさらに破壊的で、数秒から2分弱の間隔で果てしなく繰り返す極大のエクスタシーを体験すると、上記したような特殊な感動に襲われ、年齢を重ねながら培ってきた価値観を一瞬で崩壊させられる体験に至ります。
生死を超越した多幸感に満たされるこの段階を「Tunami」と名付け、最終到達目標に設定してお客さまをガイドしています。

キュリウスご利用前にセックスで「逝く」を経験したことがあった女性は、1,000人中に 2~3人程度と極々低い割合でした。
生命力を覚醒し、人生を好転させる起爆剤となる「奥逝き」を全てのお客さまに体験していただくことが弊社の存在目的です。

クリで「イク」ことを欲求のまま繰り返していると、より強い刺激を求めて性的感度が鈍ってしまう傾向が見られます。
特に、振動周波数の低いACマッサージャーの常用は、短期間で感じにくい体へ退化させてしまった例が目立ちました。
感動的なセックスを追求するのにも、奥逝きを探求する上でも、大きなマイナス要因となっていますが、世間では全く認知されていないうえ、AVを好む男性からは家電マッサージャーが広く指示を集めているため、Gでのご使用には充分ご配慮ください。

快感の進化ステージ ver2.1

G=自慰のこと(Gスポットのことではありません)転載禁止 リンク OK
まずは、ご自身の現在の進化レベルを確認して下さい。2つのレベルをまたぐ場合も多々あります。

Level・0 )外陰部を圧迫したり、弄 (イジ) ると気持ちはイイが、イク感覚は未体験 ボーッとする程度
早いと2〜3才からこのレベル。 一方、既婚者でも一生この段階のままの女性も数%存在します。
幼少時の教育や体験から性に罪悪感や嫌悪感を持って成長した場合、次レベルへの進化の足枷となる。
Level・1 )G でクリイキはできるが、中はほとんど感じない / セックスではイッたことがない / クリで大満足
早ければ7才頃からこのレベル。 性に消極的だったり挿入経験が少ないと、この先への進化がない。
ローターの長期使用は次レベルへの進化の足枷になる。 電マGの習慣は特に、進化の大きな妨げに...
キュリウス誕生前 (1992年頃) は日本女性の過半数がこのレベル。* 開業前の200人聞き取り調査より
Level・2 )中や奥も感じるが、イクほどじゃない / 入れてる方が気持ちイイが、イク時はクリで...
奥に届いている実感はない。 一日に4〜5回 Gすることがある。 キュリウスを利用したことがない。 バイブを使っていても秘訣を知らなかったり、セックス経験が多くてもほとんど相手任せだったりだとこのレベルまでの進化が限界。 2010年現在のボリュームゾーン。 まずは「奥粋の書」をゲット!
Level・3 )奥に届いているかいないかがわかる / 奥がすごく感じるときがある / バイブが奥にあたると凄くイイ
Gでもセックスでも「奥だけでは」逝けたことがない。オシッコが出そうになって途中でやめてしまう。 潮を吹いたことがある(と思う)。 中で逝ったことはある(と思う)。 男性経験は多い方(かも)。 最中に「もっと突いて」と言う(思う)ことがある。
フリッパなしの一本物バイブ+ローターが好み。 セックスでイキたい時はクリを弄る。 もっと気持ちよくなるには上手で愛しい男性の必要性を感じる。 毎日したい時もあるが、量より「質」を重視。 彼と会えないときより会える時の方がGの回数が多い
Level・4 )クリに頼らずに、中や奥だけで1〜2回は逝ける(逝けることがある)/最中に泣いてしまうことがある
奥より手前〜中段の方が逝きやすい。 Gならほぼ毎回、セックスでも条件が揃った時には中で逝ける。 よく潮を吹く。 クリイキだけだと不満が残る。 セックスの後〜翌日にGしたくなる(してしまう)。 自分のヨガリ声に驚くことがある。 クネるバイブよりも大きめのディルドーを使うことが多い。
彼が以前よりも早くイッてしまうようになった。これ以上気持ちイイセックス(G)はナイかも?と思う。 次の日も何だかずっと気持ちイイ Gの後に自己嫌悪になることがない 毎回シーツが盛大に濡れる... 
Level・5 ) 環境や体調、昂りや欲求の溜まり具合によるが、奥でくりかえし逝ける(Gなら、セックスなら、両方)
バストや背中, うなじや耳, 内股や腰など、局部以外でもイケたりする。挿入なしのGはほぼあり得ない。 アヌス挿入でも大きな快感を得られる 又は逝ける。 記憶が飛ぶほど気持ち良いセックス(G)経験あり。 頭では「もっともっと」と叫んでいるのに自分の(相手の)体が追いつかない。 バイブをよく(すぐ)壊す。 セックス時は相手がイッて、Gの時は自分の体力や気力が尽きて、連続で逝けるのは最大3〜5回位...
女性からも「エロい」と指摘される。 どうでもイイが男からよく声がかかる。 Mっ気が強くなった... 
Level・6 ) Tunami 体験 奥で 10〜15回以上の連続絶頂を体験 *各絶頂の間隔は2分以内 逝ったまま戻れない状態
生命力の覚醒 健康と体調と精神の高揚 インスピレーション 凹凸メリハリ体型と、比類ない名器へ進化セックスで(Gで)失神する。 なぜか回りから浮気や整形を疑われる。 急に男女からモテまくりになった。 胸が2カップ前後大きくなった。 肌が白くきめ細かくなった。 体毛が薄くなった。 彼が優しくなった。 中が(奥が)キツいとよく言われる。 体中が敏感になってイキやすくなった。 いつも晴れ晴れした気分風邪や病気にかからなくなった。 面倒くさい事もサッと片付けられるようになった。判断が早くなった。 多幸感と生命力の溢れを感じる。 自己の存在理由や生死観宇宙観など精神領域の進化拡張「悟り」感湧く

「クリでイク」のは男性の射精と同じで短時間で満足を得られますが、女性ホルモンの分泌は無く、体を鈍感化する傾向 「中で逝く」は、膣内の浅い部分やGスポット〜中段でイク事で、クリイキより深くても「奥逝き」とは全く違います...

世の中には、Level1〜2で足踏みしている女性が8割 回数で無理矢理に鎮火させている(毎日5回以上とか....)例多い Level2までは他人の体験を参考に自力でも容易に到達できますが、それより上に到達する為には経験数も重要な要素です

Level3に到達するには諸条件を満たす必要があり、体の進化と相性抜群の相手、又は高度な知識と自分に最適なバイブ要

  • 体が充分に成熟していて、性ホルモンが安定していること。 10代の奥逝きはほぼムリ。 閉経後3年以降は進化鈍い
  • ある程度以上(最低でも20〜30回)の挿入経験数(男性でもバイブやディルドでも)が絶対的に必要。  
  • 短期間で集中的に進化できる年齢は? → 24歳の前後3年くらい / 出産後の3年くらい / 30代に入ってからの3年くらい / 閉経の前後2~3年位 星ノ波に大きく左右されるので、前後3年=計6年というわけではありません。6年間のうちで星ノ波が上昇している期間だけ

Level・3と Level・4 は、状況が交錯する場合が多々あります。使い方や選択機種を間違えたままでは進化できません。

「月ノ波」と「星ノ波」の概念を理解し、自分の波にのることが重要。2つの波が高みにあるチャンスは絶対に逃さないように。一生に何度もあるわけではありません。

コンセント利用の電動マッサージャー「電マ」のご使用は、快感の進化に最大の障害となります。30年以上ご利用の方もいらっしゃいます。
弊社サポートで半年以上を経ても奥逝き達成できなかったお客さまの、ほぼ100%が「電マ」愛用者でした。

月ノ波と星ノ波

男性の性的欲求には起伏が無いようにみえるのに対し ...
女性の性的欲求には明らかに周期的な起伏があり、生理前や排卵後など、はっきりと実感される機会も多いと思います。
生理の周期とリンクする欲求の起伏を指す言葉が無かったので、キュリウスではこれを「月ノ波」と名付けました。

実感できる事の多い「月ノ波」とは別に、2~7年の大きな周期で起伏する、実感のほとんど伴わない欲求の波が確実に存在する事を発見し、こちらは「星ノ波」と名付けました。 初潮前後~閉経後5年ほどの、約40年間に渡って影響を及ぼします。
妊娠出産や大病、環境の激変などで周期がリセットされる例が時々見られます。 
また抗うつ薬やピルの服用で、波の触れ巾や影響が極端になったり、逆に目立たなくなったりする例も、まま見受けられます。

「星ノ波」は、20年にわたるお客さまサポートの経験と実績のなかで、絶えず追検証と分析を繰り返しながら固めて来たキュリウス独自の理論で、人生のあらゆる面で諸々の決定を左右する「ムード」として、女性の一生に大きな影響を及ぼします。
波の周期が非常に長いため、持ち前の性格と見分けがつかなくなる傾向も見受けられます。 

どちらの「波」も、上がっている時は欲求が高く積極的になり、下がっている時は性的欲求に限らず多方面に渡って消極的になる傾向が見られます。 顧客サポートでは、上がっている期間を「アゲ期」、下がっている期間を「サゲ期」と表現しています。

「星ノ波」が上がっている「アゲ期」には行動的になり...
> ソワソワする。 外へ出たくなる。 買い物やおしゃれに意欲が向く。 Gの頻度回数が増える。 交際や結婚にも積極的。
> 「誰とでもいいから...」なんて思う瞬間は「星ノ波」と「月ノ波」のピークが重なった時で、奥粋にも最大のチャンスです。

「星ノ波」が下がっている「サゲ期」には意欲全般の勢いが落ちて...> 性的意欲や快感度が鈍る。 Hな気分にも、Gをする気にもならない。 面倒くさいと感じる事が増える。 奥粋はほぼムリ> 「大切な相手に優しくされても、その気になれない」ような気分が続く時は間違いなく「星ノ波」が下がっている時ですが  周期が長い女性の場合では特に、夫婦間セックスレスの最大要因ともなる重いファクターです。

「月ノ波」も「星ノ波」も持たない男性が、理論的に考え行動するように見えるのに対し、女性の行動がムードや感情に左右されているように見えるのは、「星ノ波」の存在が歴史上誰にも認知されてこなかったから、とキュリウスでは結論づけています。
「星ノ波」は女性の人生全般に大きな影響を及ぼすことから、科学的研究を進めれば重要な理論となることを確信しています。

奥逝き達成には「アゲ期」にある事が最重要です。「星ノ波」を理解して、いま「アゲ期」にあるなら迷わず挑戦してください。
もし、あなたの「星ノ波」周期が7年だった場合、次のチャンスが来るのは5~6年先になってしまいます。

超興奮

自力で初めて奥逝きできた時の所要時間は、ほぼ40分~45分に集中しています。 体が奥逝きを覚えてしまえば、次からの所要時間はうんと短くなり、体調や興奮状態次第では5分未満で数回逝けたりできるようになるのですが、最初の一回を経験するためには体への快感刺激を40分~45分間続けながら、脳の興奮状態を一人で最大に維持し続ける想像力が必要になります。

経験から大きく逸脱するような性的妄想力を備えた女性は非常に少ないことからキュリウスでは、脳とリビドーの興奮を、マックスを超えた状態(超興奮)に維持する手法を数々編み出し、お客さまへ惜しみなく提供し続けています。

用語解説& More

テキスト作成中

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

営業カレンダー

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です